北京の現代アートシーン:北京798芸術区と草場地芸術区

北京の主要なギャラリーやアートスペースが集まる北京798芸術区と草場地芸術区。
二箇所とも北京郊外のため、公共交通機関で行くなら地下鉄とバスに乗って行く必要があります。Google Mapは使えないので、中国語版のMapを予めダウンロードしておくと便利。
私が訪れた際には(2018年11月)地下鉄14番線の望京南站(Wangjing South station)から401番のバスに乗りました。

北京798芸術区

北京798芸術区が特に有名ですが、実際行ってみると横浜の赤レンガ倉庫を5倍くらいに広くした文化+商業施設という印象。

Ullens Center for Contemporary Art(UCCA)http://ucca.org.cn/en/ やBeijing Commune 北京公社(http://www.beijingcommune.com/)など多数の施設がありますが、運が悪く会期外でした。                  Ullens Centerはオープニング準備中でした。

香港アートバーゼルにも出展しているTang Contemporary Art(https://www.tangcontemporary.com/)では、ニューヨークと北京二拠点で活動しているJennifer Wen Maの紙のインスタレーションの展示が開催されていました。

・GALLERIA CONTINUA(https://www.galleriacontinua.com/)

おなじみCONTINUAではMichelangelo Pistolettoの展覧会が開催されていました。

上の二つは潤沢な資本を持つコマーシャルギャラリーですが、興味深い展示をしていたのはFaurschou Foundation(http://www.faurschou.com/)というコペンハーゲンと北京の二箇所にスペースを持つ財団。

Yang Fudong、若手だがすでにPalais de Tokyoなどヨーロッパで紹介され頭角を表しているYu JiやChen Tianzhuoなど、豪華なラインナップ。

北京798芸術区は、ギャラリーもあるけどおしゃれなブティック地区という印象が強め。それでもかなり巨大なスペース+まだまだガンガン工事中なので、これからもっと拡大・発展するのは間違いなし。

草場地芸術区

北京798芸術区から、さらに401番などのバスに乗ると、草場地芸術区に着きます。大阪の西成地区のような超下町に隣接しているので、少し不安になりますが、観光と思って歩いてみましょう。

毛沢東万歳感しかない雑貨屋さん。本当に下町って感じです。

こちらはほぼコマーシャルギャラリーの集まり。ほとんどのギャラリーが2・3階建ての超巨大施設。2012年、パリの郊外Pantin(パンタン:こちらも一歩道を間違えると不安を感じる下町地区)にオーストリア出身のギャラリストThaddaeus Ropacが巨大な倉庫兼ギャラリースペースを用意し、Pantinのヒップ化+アート化が進んだが、そんな規模の巨大ギャラリーが何件も存在するのがこの草場地芸術区。
中国の資本の豊かさを感じる大きさと、作品の大胆さ・自由さを感じることが出来ます!

WHITE SPACE BEIJING (http://whitespace-beijing.com/index.html)

アメリカ出身・ベルリン在住のChristine Sun Kimの個展は本当に良かったです。日本に早く進出してほしい作家の一人

TAIKANG SPACE http://www.taikangspace.com/

UNICORN Centre for ART http://www.unicornart.cn/?_l=en

UNICORN Centre for ARTでは、フランスの若手アーティストPaul Duncombeの超巨大なインスタレーションが展示されていました。この規模の展示室を何部屋も持っているギャラリーがゴロゴロあります。

こちらは、北京市内の様子を見たあとでは信じられないくらい(失礼)おしゃれなカフェ:

A + cafe

どちらも公共交通機関ではアクセスしずらいですが、北京で現代アートを見るなら絶対に外せない場所です。北京は上海や香港と違って、マンダリンが分からないとかなり情報を得にくいと感じました。実際に現地に行ってしまえば、ギャラリストの方は英語を話しますし、ギャラリー巡りをしている観光客っぽい人もけっこう居るので、なんとかなりました。

2013年のものですが、よくまとまっていてとても参考になる調査です:

章 璐「中国コンテンポラリーアートの「場」としての芸術区の役割 」章 璐

http://nc.heritage.tsukuba.ac.jp/Master-s-Curriculum/astersthesis/?action=common_download_main&upload_id=584

北京798芸術区(Beijing 798 Art Zone)
アドレス:2 Jiuxianqiao Rd, Chaoyang Qu, Beijing Shi, China
望京南站(Wangjing South station)から401番のバス

草場地芸術区(Caochangdi Art Area)
アドレス:Chaochangdicun
同じく401番のバス